KAKUGEN

アイリンクインベストメント投資相場格言集

アイリンクインベストメント投資相場格言集

投資相場格言 ―あ行―

上がるは下がる
相場はいくら強い上げ足のものであっても、青天井ということはなく、いつかは下落するものである。ごく簡単に相場の心理を表した格言。
商いは数でこなせ
商売も相場も大きく儲けることと、確実な利益を積み重ねるのも結果は同じになる。薄利多売に通じる格言。
明日の事は明日案じよ
過ぎてしまったことは悔やんでも始まらない。行詰って方針が出ないなら、明日になって考えればよい。心の迷いを引きずるなという格言。
頭と尻尾はくれてやれ
天井で売ろう、底値で買おうと思わず、腹八分目でも確実に利益確定を入れることの重要性をといた相場格言です。
当たり屋につかず、曲がり屋にむかえ
相場は当たり屋にチョウチンをつけるのもひとつの方法だが、いつも当るとは限らない。むしろ、失敗しているものの逆をやったほうが確実だという格言。いわば反面教師の訓。
「アナリストの説明できない相場がおもしろい」
ファンダメンタルズを前提条件としたアナリストの分析手法に対して、相場はファンダメンタルに基づいて動くのではないということを示した格言です。相場形成の最大要因は、いうまでもなく需給であり、相場は、市場参加者の熱狂、過信、恐怖、安堵によって動いてます。
余り物に値なし
相場は需給の実体を表現するものだ。従って、需給に対して供給が過剰となる『余り物』には買い手がつかず、値下がりするのは当然である。
急ぎ商い損のもと
自分の売り値、買い値にとらわれず、買うこと、売ることが正しいと判断したときに売買すべき。
一徹張りは貧乏神
相場は行きもの、変化するのが当り前。柔軟な心を持ち、接しなければ勝ち目はない。万年強気や万年弱気は考えものだ。
行き過ぎもまた相場
相場には往々にして無駄があり例えば時として理論的な高値、安値を行き過ぎることがあるものである。その行き過ぎたところこそ売買の絶好の仕掛場だ。
一日の相場を考え、商いいたすはよろしからず
その日が例えば強く動いたとしてもその味に乗じて売買をすると、往々にして高値買い、安値売りになってしまうものだ。大勢観を持って対処するべきだという格言。
一度に買うは無分別
売買分散して行えばチャンスが多いということから『二度買うべし、二度売るべし』に続く格言。状況を判断して仕掛け、手仕舞いを行うべきという教え。
意欲ある資金のみよく勝利
商品相場は投機である。現在の資金を未来の可能性に投資するものであり、信念と勇気のいる仕事である。意欲のある資金が勝利をより多くつかみ得る。
イレたらしまい、投げたらしまい
イレ(踏み)が出尽くしたら天井、投げが終われば底ということである。イレ上げ相場となれば天井間近、投げ相場となれば底間近ということを示している。
陰陽は循環す
世の中の原理とは陰と陽の循環である。相場も陰(弱)、陽(強)が一定のサイクルで循環している。相場の根本原理を簡潔に述べた格言。
売り難きところが下がり、買い難きところが上がると知るべし
相場とは、売ろうとして売る決断が出来ないような上昇相場の後に急落し、逆に買えそうもない下げ相場が急に反転上昇するものである。人気の限界や材料を吟味する必要がある。
売りは迅速、買いは悠然
相場は上昇して高値まで上り詰めるまで、かなり日柄がかかる。しかし、相場が下げ始める時は『秋の日のつるべ落し』の如く、短期間に崩れるものだ。その速度にあわせる必要がある。
売るべし・買うべし・休むべし
相場とは買いと売りである。上昇か下降の二者択一だが、はっきりと方針が決まらぬなら、売買いずれも中途半端。休む決断も相場に大切な判断である。
上長買うべし・下長売るべし
取組関係で売店が多いことを上長(売り長)、買い店が多いことを下長(買い長)という。上長の場合は買いに歩があり、下長の場合は売りに歩がある。取組関係を見る際に必要な格言。
運・鈍・根の三要素
相場で成功するには、運の強さ、鈍重なまでの肝の太さ、根気であるという意味。アンドレ・コストラニーが成功の秘訣を聞かれた時に『諸君より真剣であっただけ』と答えたという。真剣であればこそ、この三要素が伴ってくる。
運を待つは死を待つに等し
チャンスを待つことは必要であるが、いたずらに運がよければと運頼みするようなことはチャンスを逃すようなものであり、運頼みすることは死を待つことに等しい。運は自分で切り開くものだ。
大上放れ、大下放れは相場につけ
正確には、保合いの上放れ、下放れにつけということ。上げ途上、下げ途上の放れ線は逆に警戒しなければならない。保合い放れは相場の方向を決定づけたわけであり、『長い線に乗れ』と同義語。
大取りより小取り
相相場は大きく狙わず、着々と利食っていく方が確実。頭から尾まで食べようとすれば、全てを失う可能性がある。相場はおいしい部分を少し食べる心算でよい。
オカメ買いのテング売り
オカメは鼻が低く、当先のサヤが期央から低いことを指す。逆に天狗の鼻は高く、期央が高い状態をいう。限月が期近によってくる状況を考えれば、オカメを買い、天狗を売るのが自然。
おごるなよ、円い月夜もただ一夜
相場で成功する、つまり、美しい満月のように満ち足りた思いは、そういつもあることではない。思い上がれば相場はつまづくのが常で、慢心を戒める格言。
押目待ちに押目なし
相場が強いと思って、押目があったら買おうと待っていると、どんどん上がってしまう。皆が押目を期待するから、かえって相場が強くなる。反対の格言は『戻り待ちに戻りなし』。
思いつき商いケガのもと
相場は思いつきで勝てるほど単純なものではない。思いつきや気まぐれ、腹だちまぎれの商いが成功するわけがない。また、ちょっとした情報や相場の上下に惑わされて飛びつき売買すると、余程のタイミングでなければ利は出ないものだ。『思いつき商い後悔の因』。
思惑よく当たるとき勝に乗るべからず
思惑が的中して数ヵ月も波に乗っている時は気をつけよ…という戒め。勝に乗って欲を深くして迷ってはいけない。

投資相場格言 ―か行―

買い遅れれば買い場待て
出遅れたら次の機会を待て。態勢を見極め、大きく信念を持って仕掛けるのが大利を得るコツ。
買い上手より売り上手
下げ相場は急で一気に高値から崩れることが多い。売り場を狙って短期間に大幅な利ザヤを稼ぐ方が率は良い。
買いにくい相場は高い、買いやすい相場は安い
不安材料、弱材料があるから相場は買いづらいが、現実にはそれを織込みつつ上昇するものだ。逆にこれといった弱材料がないように見える時は強材料を織込み終わって下落に転じようとしている時である。
買い落城の安峠売り落城の高峠
買方が投げた時が安値のどん底で、売方が総踏みとなった時が天井である。その天底を見計らって売買を仕掛けるのがコツ。
勝ちは六分をもってよしとす
  戦国武将・武田信玄の戦略哲学だが、相場という勝負にも共通した教訓となりそう。無理をすれば損が出るのは道理である。
勝たんと打つべからず、負けじと打つべし
  勝負事には共通した心得がある。相場に勝とうとあせるより、負けまいと心掛ければ、自ずと勝負には勝てるものである。
勝つことのみを知りて負くることを知らざれば害その身に至る
相場は自分の思った通りに運んだことがあったとしてもそれは稀にしかないことだ。損を出してもどこで食い止めるかということを考えなければならない。
勝った自慢は負けての後悔
相場に勝ったからといって他人に吹聴し、得意がる者は、逆に負けると愚痴が多く、必要以上にくやしがる。
浮かれていると足元をすくわれるものである。
考えの裏が本街道
常識的にはこう動くと見ると、往々にして相場は逆に動くものである。自分の相場観にこだわった時に思い浮かべたい格言。
観察は小心、行動は大胆に
相場は仕掛けるに当たってはこれで大丈夫かどうかと冷静に見るが、売買となれば大胆に仕掛よという格言。
閑散に売りなし
低迷相場は人気がない。しかし、こうした時は底値圏の揉合相場が多く、弱気の売り込みが結果的に踏み上げとなる。閑散で弱気な相場を売るのは慎むべきだ。
機会は短く、待つは長い
投機は機会に投じるもので、それだけ機会を逃さぬよう大事にしなければならないという格言。相場は機会、チャンスがいかに大切かを物語っている。
似たような格言には『機会は発見するごとにとらえなければならない』や『機会は常に機会を再現するための手段に比べ豊富に存在している』という格言もある。
機会が人を見捨てるよりも、人が機会を見捨てる方がはるかに多い
機会とはすぐに去ってしまうもので後で悔いることが多いものだが、機に投じることが出来るかどうかを決断するのは人間であり、要は人間のハラ次第だ。
木は庭に植えず山に植えよ
木は庭に植えると常に目の前で眺めている分、なかなかその生長が目立たない。山に植えておくと目の前で見ないから忘れがちとなるが、いざ山へ行くと意外と木は育っているもの。相場においても仕掛けた後、目を離している間に意外と伸びているものだ。
希望は大きく、準備は細心に
西洋のことわざだが、相場にも通じる心得。投機の夢、希望、期待は大きく持つべきである。しかし、相場に臨む時は、冷静に、そして資金の準備や計画など細心の注意を払わなければならない。
強弱の上手、商い下手
相場の講釈は上手いが実際の商いはまったく下手な例え。相場についてよくしゃべる人は実行しても実績が伴わないという意味。
恐怖の来るは青天の霹靂の如し
恐怖というものは突如として襲来する。相場の大暴落などもある日突然、出し抜けに訪れるので、心の準備は常にしておく必要がある。
凶作に買いなし
凶作であれば物がないので、価格は高騰するはずだが、高騰すれば消費者は必要以上に買わないようにするので、逆に相場は転換して反落することが多い。反対は『豊作に売りなし』。
記録破れば高峠
値段や出来高、取組高の記録破りは反転急落する危険性を示していることがある。
愚人喋々する時は沈黙せよ
『言う者は知らず、知る者は言わず』という格言もあるが、いいかげんな講釈に出会った時は、黙っていて相手にならない方がよい。判断を誤ることが多いので、惑わされないように心掛けるべきだという格言。
ケイ線は値幅見ずに日柄見よ
相場はケイ線を見て、上げ幅と下げ幅を比較するのが常だが、相場の転換点がサイクルなら、日柄が大切である。値幅を見ると判断を誤りやすいとの教え。
ケイ線張りは盲目張り
相場を張る人の中にはケイ線万能論者が少なからずあるが、ケイ線ばかり頼って相場の働きを判断するということは危険であり、その時々の需給、環境を知らなくてはならない。
賢者は聞き、愚者は語る
話し上手は自分の相場観にこだわって人の意見を聞かなくなっている場合が往々にしてある。一方、聞き上手というのは人の意見に更にはデータなども調べるもので、話し上手よりも聞き上手の方が相場においては成功するようだ。
憲法に両建なし
どのような相場法則にも、両建せよと指導するものは見当たらない。相場は強弱いずれかの方針に基づいて行うものであるからだ。
後悔に二つあり
折角もうけているものがなくなり、儲け損なった後悔、そして欲を出し過ぎて、最後に大きな損を出す後悔。この二つの後悔は心情にかなりの差があり、二つ目の後悔は深い痛手となる。相場においては余裕が必要なものだという格言。本間宗久の残した言葉の冒頭部分。
洪水台風買うべからず
水害とか台風などの被害は必要以上に騒がれるものだ。そうして上がった相場ならば、むしろ売るべきである。
公平な賭けに必勝はない
投機は売りと買いの二つしかなく、確率的には五分五分である。それだけに必勝法はない。
極意は天井、底の次第を心得、毎日の相場に気をつくべきこと
相場には通い相場と遊び相場の二種類があり、その二通りの変化には毎日の相場の動きを注意することが必要である。そして、日々の相場の動きを的確に掴むことが出来るようになれば、天底の感じも掴めるようになってくるものだ。
心動けば相場に曲がる
欲がからみ、心が不安定で動揺していると相場は失敗すると戒めている。相場は投資家の意志とはまったく無関係に動いている。
小回り三月、大回り三年
相場のサイクルは小さいものは約3ヵ月で一巡するが、大型相場ともなれば3年もの長い波動を描くもので、こうしたサイクルを相場の目安にするべし。

投資相場格言 ―さ行―

財界の見通しより相場の足取り
相場の動きは経済界の見通しによって動くものではない。景気の波などは参考程度にとどめておき、相場の足取りをよく研究したほうが良い。
最後の五分間より最初の五分間
相場は仕上げよりも仕掛けるタイミング、最初の仕掛けが最も大切だとする格言。
採算を買い、人気を売る
相場師・山崎種二の言葉。コスト割れの水準は買い、それを超えた人気による上昇分は売るべし。
材料はあとから出る
相場は理由なく、上げたり下げたりしない。ただ、材料は強弱両面の要素を持っているので面倒だ。材料が姿を現わした時にはすでに相場が動いていることが多い。
指値は取り消すべからず
相場をやるに当たって指値を決めても、いざ指値の価格が出ると相場の勢い、材料などに幻惑されて指値を取り消してしまう。しかし考えてみると、指値を出したときは冷静に考えて対処しているのであるから、余程の激変がない限り指値注文は残しておくべきだ。
サヤ寄りの米に従え
米とは相場と同義語。当限と先限で先限が高いのが順ザヤ、期近が期先より高いのが逆ザヤである。こうしたサヤが変化する時は、相場に逆らわずついていくべきである。『サヤ変わりの米には従え』ともいう。
三割高下は向こう理と知れ
相場の値動きが激しいとはいえ、いつも2割、3割も動くわけではない。3割の動きはよほどの特殊な事情によるものだ。転換点の接近を示す。通常は5%前後の動きで変化があるようだ。
仕掛けは恐る恐るしかも大胆に
相場は仕上げよりも仕掛けである。それだけに仕掛けるタイミングは難しいが、仕掛けるとなれば大胆にやらなければチャンスは逃げ去ってしまうものだ。
鹿を追う者は山を見ず
利欲ばかりに迷うものは、道理を見失う。欲に目がくらめば、相場の流れが見えなくなる。
市場は明日もある
目先、小波乱があっても大勢は急に変わらない。売りか買いかと心がはやる時、むしろ一歩後退して2~3日余裕を持って冷静に対応しても間に合う。
自然に逆らうな、吾れただ足るを知る
相場師・川村佐助の言葉。重い上がりを戒め、限度を見極めることの大切さを教えている。
知ったらしまい
相場はひとつのキッカケで動くが、例えば上昇しつつある時、それが何故なのかが判らない。そしてその理由を皆知った時、相場の寿命は終わっていることが多い。
仕手につくのは最初だけ
仕手が相場を仕掛けた段階では時流に乗っているが、その終末期においては仕手は自己の玉を生かすために振い落しなどの手を打つこともある。仕手につくのは最初の方が無難だ。人の変動につられないようにしなければならないという格言。
十中六度見込みの当たるものは産を興すべし
相場で連戦連勝はまず難しい。10回のうち6回見込みが当たれば成功といってもよい。逆にいえば二度、三度の失敗くじけてはならない。
需給はあらゆる材料に優先する
相場変動の基本は『需要と供給』だ。取組、人気、仕手などによっては目先的には動くことはあっても、最終的に相場を動かすのは需給である。現在の需給を分析するとともに、今後の需給見通しを立てて相場に臨みたい。
順ザヤ売りの逆ザヤ買い
順ザヤは期先が高いので時間の経過で期近に回れば徐々に安くなる理屈であり、逆ザヤは期近が高いので安い期先を買っておけば徐々に高くなる。この動きに素直に従って売買せよ。
小なるもたまれば金倉を満たす
ちりも積れば山となる。小利を着実に積んで大成功をなした成功者もある。サヤ取りなどは気の長いものであるが、それが本来は相場の勝利の常道である。
勝負に神仏なし
相場の強弱、高下の判断に迷ったとき、神仏に祈っても結論は出ない。頼るべきは自分だけであり、冷静になるべしと説く。
小利は失敗のもと
相場は小すくいという行為もあるが、往々にして小さく儲けて大きく損するというのが一般的なコースである。小利しか得られない人は利食いは早く、損切れは遅くなっているものだ。その逆をしなければ相場で成功はしないといってよい。
資力相応に仕掛くべし
相場は当たるだけでなくはずれることもあり、たとえ思惑が当たっていてもアヤ押し、戻りなどで追証がかかることもある。相場はどこまで損してもよいかという損益線を前もって考えておかねばならない。
図に当たるを待つべし
年中、売ったり買ったりしていると必ず失敗するもの。チャンス到来まで辛抱強く待て。
せかず急がず待つが仁
はやる心を抑え、チャンスの到来を待つ。三猿金銭録に『売買を、せかず急がず待つが仁、徳の来るまで待つのも仁』とある。『急いては事を仕損じる』。
静中動あり
例えば、底百日というように一度その局面に入るといつまで経っても動かないような状況になるが、しかし、相場はいつまでも保合うのではなく、徐々にエネルギーを蓄積しているものだ。『静中動をはらむ』ともいう。
相場に過去はない
相場は生き物であり常に新しい材料を求めて動き続ける。過去と全く同じ動きをすることはない。
相場に寸尺なし
相場を測ることは出来ない。転じて相場の変動は誰も予測することは出来ない。
相場に成功せんが為に神仏に祈るは愚なり
相場を張るとき、神頼みなどするような時は十中八九損をする。
相場に卒業なし
『相場に王道なし』ともいう。相場必勝の方法はない。終生研究であり、博士は一人もいない。言葉をかえれば、思い上がってはいけない、相場に対して謙虚になれという格言である。
相場に待ったはない
相場は一度仕掛けたら真剣勝負である。タイミングを逃したら次を待たねばならない。相場が動き始めたら、もう待ってはくれない。
相場に向かうべからず、機に乗るべし
流れに逆らうと無理が生じる。相場も流れに乗るのが、もっともスムーズな方法である。ただし、流れに乗るタイミングも大切。
相場の怖さ冷酷さを知れ
相場で大損を経験した人は相場の怖さ冷酷さを身に染みて知り、相場に真剣に打ち込むことが出来るようになる。
相場は勝ち負けではない
一般のギャンブルと違い、相場は売買という商行為をするものであって、その 結果、儲けたか損したかに分かれるものです。勝ったとか負けたとか言ってい るようでは相場を理解していない典型的な証拠で、そのような投資家は一時的 に利益を得ることがあっても、儲け続けることは不可能であるという格言です。
相場は相場に聞け
毎日乱れ飛ぶ流言飛語が、実際どの程度の信憑性と相場を左右する力を持っているかは、相場自体が一番よく知っている。
相場は人気7分に材料3分
相場は基本的に需給で動くものだが、『人気相場』という言葉があるように、人気がリードし始めた相場であれば人気の波に乗るべきだ。また、『人気に逆向かい』という格言もあるように人気に逆行して売買することもあり、人気は無視出来ない要因である。
相場やるには古今東西の歴史を読め
相場とは戦いである。戦いであれば戦術、戦略が必要で、世界中の古今の戦いを見れば、成功した側から学ぶことが出来る。これは福沢桃介の言葉。
損せぬ人に儲けなし
相場に百戦百勝はなく、必ず損をすることはある。損をしたことによる経験を教訓として置き換えられる人が儲けることが出来るのだという教え。

投資相場格言 ―た行―

大勢は回り舞台
相場にはサイクルがあり、その中に中勢、目先の動きがある。当該商品の大勢観を立て、臨機応変に仕掛けることが必要。
大欲は無欲に通ず
欲心にとらわれず相場道に入れば、大きく儲けることが出来る。勝ちにこだわり、見栄にこだわると失敗する。相場はよく吟味するべきである。
大利を得んとする時は小利を争うなかれ
大きな相場と見定めた時は、小さく取ることを考えて対処すると、目先の勝ち負けのみに目を奪われて、結局、大相場を取ることが出来ず小利で満足することになってしまう。
高安の理は空理なり
相場の高下の原理は目に見えない場合が多い。三次元の理屈や知恵が及ばず、もっと深遠であるということ。『理外の理』という表現がそれである。
戦いて勝は易く、守りて勝は難し
中国の呉子による兵法にある。積極果敢な相場の攻めは、よく勝つことが出来るが、方針とは逆に動く相場に対して守勢に回って勝利することは難しい。
戦わざる者は勝たず
理論などを熟知して、机上でいくら売買しても儲かったことにはならない。実際に商いをしなければ勝つこと=儲けることは出来ないのである。
正しい判断は絶望の中から生まれる
安易な気持ちで相場に対処して損を重ね、反省を繰り返すことで、正しい判断が出来るようになる。
調子に乗れば落ちる
相場が調子づいてトントンと上ってきている時にあわててそれに乗ると高値掴みになるものだ。調子に乗るということはそれだけ方針が確り立っていないということ。何事も調子に乗ってはいけないという格言。
知恵で得る目先の儲けわずかなり、運と根とで多く儲けよ
『相場の器用貧乏』という言葉もあるが、相場は小手先の知恵でやっても小利しか得ることは出来ない。運の強さや根気もなければ大利は得られない。
手持ち株が病気の時、医者を呼ぶな、あなた自身診断医になれ
『移動平均線』を考案した分析家グランビルの言葉。相場判断は他人任せにしてはならない。
彼(てき)を知り、己を知らば百戦殆からず
孫子の言葉で兵法であるが、『彼=敵』を相場とした場合、相場の何たるかを知り、自分というものを理解すれば、戦い(相場)を百度行っても敗れることはない。
天才は機会を創る
機会は容易に見出されるものではないが、その機会を見出し乗ずることが出来るから天才と言える。
天井三日、底百日
相場の習性として高値で揉合う期間は極めて短く、逆に低迷期間が長い。商品相場の特性を述べた格言。
投機の始めは確実の終わり
投機行為には絶対確実はない。不確実で流動的な将来を予測して挑戦するからこそ投機である。
どか儲けすればどか損する
大きく儲けた後は相場が見えるような気になって仕掛けて今度は損をしてしまうものだ。相場は一寸先は闇であることを肝に銘じたい。
得意淡然、失意泰然
相場に勝った時はおごらず心は冷静に、また相場に負けた時は悔やまず落ち込まず心を安らかにせよ。越後正一の言葉。
取った金、儲けなりとて使うなよ、預かった気で蓄えておけ
相場の金は今日の金であって、明日の金ではないというように、今日儲かったからといっても明日儲かるわけでなく、損してもいいように利食った金はとっておきたい。
飛びつく魚は売られる
相場は飛びつくものではなく、網を張って好機が訪れるのを待つべき性質のものだ。飛びつき売買は損のもと。

投資相場格言 ―な行―

泣くまで待とうホトトギス
相場というものはある面では"待ち"のゲームである。待つことが出来る人が勝利を掴むことが出来るものだ。
汝自身を知れ
『敵を知り己を知れば…』と同様に、自分の資金量、知識を知れと教えている。
難平商いは怪我の因
相場が下げれば下げるほど、買い玉を大きくして買い下がり、短期反騰で一気に損を埋めて利益に転じようとする『難平(なんぴん)』戦法(逆に上昇では売り上がる)は損が大きくなるケースが多いので要注意だ。
煮え詰れば動機づく
相場は上昇して保合い、高値の限界に達すると下落へ転じ、逆に相場が下げて揉合が長くなって底値を確認すれば、やがて上昇するキッカケをつかむ。
2×2=5-1=4
『相場は常に真の価値に均しくないに決まっている。いつ如何なる時でも高いか安いかで、もし同じなら取引所はいらない』とは大投機師アンドレ・コストラニーの言葉である。同氏によれば、2の2倍は4だが、それは数学上のことで、相場界では4が5マイナス1になったり、2プラス2が4になったりするという。
にくまれる仕手に提灯つけよ
ある筋が場勘をとって向かっている筋から憎まれるようならば、それは当たっているわけで、このような仕手には提灯をつければ利益を得ることが出来る。
日数はケイ線に優先する
相場の動きを見る場合は、常に日柄(日数)を念頭に置かねばならない。値幅の伴わない波動は余り重要性はなく、3ヵ月波動や長期的には1年半などの波動の方が優先する。
人気は熱し易くまた冷め易い
相場は人気につけと言われ、人気の波に乗ればまず成功する。しかし、人気は熱しやすくまた冷めやすい。人気の転換は早いことは肝に銘じておきたい。
忍耐して時機到来を待て
相場は待ちの勝負である以上、時機到来を待て。『泣くまで待とうホトトギス』と同義。
ぬかるなよ、見切り肝心、意地張るな、損して得を取ることもある
『見切り千両』という言葉もあるように自分の建玉が損になったら、意地など張らずに手仕舞うべきである。損を大きくしないことが相場で勝ち残る近道だ。
念々の間怠るべからず
相場というものは千変万化の生物である。それを相手にしているのだから、仕掛けている時も休んでいる時も、相場の研究や観察を怠ってはいけない。
野も山も皆一面に弱気なら、阿呆になりて米を買うべし
皆の逆を狙ってこそ大成功の可能性がある。人気が限界に達して反転することを示す。『人の行く裏に道あり花の山』と同義語だが、逆に『裏の道にも落とし穴、行くも行かぬも時によりけり』という格言もある。

投資相場格言 ―は行―

売買は五分高下にてならすべし、乗も同じく五分高下なり
売買ともに新たに商いを仕掛ける時、あるいは買い乗せ、売り乗せする時には5%の上下動をメドにして売買しろという教え。
売買は急けば急くほど損をする、休んで手を替えてみよ
あせり売買は損の因である。相場においては実際に売買をするよりも休むことと待つことの方が同程度に必要なものである。『売るべし、買うべし、休むべし』との格言もある。
始めから損は覚悟で相場せよ、思案過ぎれば時期を失う
安全確実な時期などとあまり考え込むと機を逸してしまうもので、ここまでの損ならばと腹づもりして相場に臨めば逆に利が出るものである。
働き一両、考え五両
真面目に働くことは商売の基本だが、効率の悪い仕事をただ一生懸命続けても稼ぎはよくならない。大きく儲かる方法を考えることの価値は大きいということ。
早耳の早倒れ
市場は情報交換の場でもある。情報には未確認、人為的な噂、誤解など早まったものも多い。早耳の情報に振り回され、大きな損を出す危険を戒める格言。
腹立ち商い致すべからず
相場が自分の方針と逆に動いたといって腹を立て、意地になれば損は大きくなり失敗する。平常心を取り戻せという教え。
万人が心に従う株ならば、連れなき方へ赴くがよし
相場格言に多い『人気の逆』を教えた格言であり、陰極、陽極に達する時は人気が一方的となる危険を教えている。
引かれ玉は投げよ
損の出た玉をいつまでも温存していれば、損は大きくなるばかりである。買い玉で損が出ているならば投げるべし。『見切り千両』と同じ言葉である。
人の商いを羨むべからず
相場で他人が大きく儲けたからといって、羨んでも何もならない。いたずらに嫉妬心をかき立てるだけで、相場に対して迷いが生じる。腹立ち売買やけなし売買などもってのほか。自分の相場に専念すべきだと戒める格言。
人の行く裏に道あり花の山
不時(突発材料が出て相場が荒れた時)には、それが買われて急騰、もしくは売られて急落となる。しかし、短期間のうちに相場はそれを織り込んでしまうものであるから、売られたところを買い、買われたところを売るべきである。
日計り商いするべからず
毎日の動きを見ることは必要であるが、だからといって寄り付きの味あるいは引け味が良いからいって、それだけで売買してはならない。これにこだわると『木を見て森を知らず』ということになってしまうものである。
不時に向え
不時(突発材料が出て相場が荒れた時)には、それが買われて急騰、もしくは売られて急落となる。しかし、短期間のうちに相場はそれを織り込んでしまうものであるから、売られたところを買い、買われたところを売るべきである。
ふところに金を絶やさぬ覚悟せよ、金は米釣る餌と知るべし
元手がなければ相場は張れないと同時に、いざ相場を張っても絶えず余分な金を用意しておかなければならない。全資金を投入してしまってはもう後はない。
踏み出し第一
商売は仕入に成功すれば、既に儲かったようなものだ。相場も同様に売買仕掛けの踏み出しが第一。踏み出しが悪い時は、手遅れになっている時である。
豊作に売りなし、凶作に買いなし
豊作の年は相場は安いに決まっている。『我、人、相場』とも弱いから売る。だから安値にある以上、ここを売ってはならない。凶作による買いも同じこと。
誇りは破れの因
儲けたからといって自慢して気を許してはいけない。誇りと失意は紙一重、油断大敵であるとの教え。
誉められる仕手は全盛の極みなり、人より先に提灯を消せ
当たりに当たっている仕手はいわば自分の天井を打つ可能性が強く、また、無理をしているようだとふるい落としもあり、用心が必要だ。

投資相場格言 ―ま行―

曲り屋に向え
大手投機家や当業者の玉が曲がり始めたら向かうべきだ。『当たり屋につけ』の反語。
マグレ当りにて儲けし金は他人の金を預かったと同じ
相場は不確定な将来を現在ある材料で予測し、資金を投下する投機行為である。これは決してマグレで儲けられるものではない。もしマグレで儲けても、そのお金は身につかない。
まだはもうなり
この相場は"まだ"上値がある、下げ余地があるという見方が一般的なほど、その相場は極に達している時だ。
待つは仁、向かうは勇、利乗せは智の得
相場でせかさず待つのもよいが、肝心のチャンスに対して弱気はいけない。しかし、勇気だけでも効率の高い利はとれない。積極的に波に乗り、引き時に仕切る。そうした知略が必要である。
待てば海路の日和あり
ジタバタせずに、じっくり待っていれば、よい時期(機会)も到来するものである。下手に動けば、運を逃し、利を失うことがある。
迷うは不利のもと
迷いは後退を意味し、敗北の始まりである。迷う時には手を出さないほうがよい。自信がある時に仕掛けて幸運をつかみとるべし。
迷わば休むべし、相場は常にあり、決すれば進むべし機は瞬間に去る
相場のバランスがよくとれていてどちらへ動くか迷う時がある。そのように迷いながら相場を張ると往々にして思惑が外れるものだから、相場の成り行きを見て機会を待つべきだ。そして、機会が来たらその機を逃さずに、すぐさま仕掛けることが大切だと教えている。
慢は損を招き、謙は益を享く
相場で大当たりすると、人は誰でも慢心してしまうものだが、慢心すると心にゆるみが生じて失敗=損に通じてしまう。逆に、謙虚な気持ちで日々相場の研究、勉強をすれば利益も増すものだ。
見切り千両
相場では執着心が致命傷になる。引かされた、損をしたと思ったら、未練を残さずさっぱりと見切りをつけて損玉を手仕舞い、新たなチャンスを待って出直せ。これが損を最小限に食い止める。
三日知れば長者
相場は目先の動きを余り追いかける必要はないが、しかし、三日先のことが判れば相場を掴むことは出来る。
向かう理は高きを売って安きを買う
商売の鉄則は安く買って高く売り、高いときに売りぬけて、安くなって買い戻す。向い商いは人気に逆らって仕掛けるので勇気と度胸がいるが、よく考えれば自然にかなった仕法である。
迷者は路を問わず
迷う者は、自分だけであれこれやってみて、路を知る者(専門家)に問うことをしないので、ついに迷いの中に身を亡ぼす。
三日待つべし
毎日の相場の動きを見て、いよいよチャンス到来となり、"よし仕掛けよう"となる。しかし、その時には心がはやるのを抑え、まず三日待って相場の動きを更によく観察すべきだとしている。
麦わら帽は冬に買え
需要の多い時節にものの値段が上がるのは当たり前のことで、相場の仕込みは誰も注目していない、需要が増える前のオフシーズンに限る。
向う理は高きを売りて安きを買う
相場の流れに向かって売買することが必要である。これが高いところを売って、安いところを買うということに通じるわけで、そうするよう心掛けることが大切だ。
無理が通れば道理が引っ込む
相場に限ったことではないが、無理なことをすれば後が続かない。無理だと思うことはしないことだ。
目出度くも春を迎える心なら引かれ玉に餅を食わすな
正月に引かれ玉を残さず、新たな気分で年を迎えて、新規巻き直しで相場に挑みたいものだ。
儲かっても、損をしてもしばらく休め
大きな相場を取った後は損をする場合が多いという。これは心身の充実が不足しているためであるとの考えで、充電してからチャレンジせよとの教え。
もうはまだなり
"もう"天井打ちだろうと売り込むと、その売り玉が踏み上げに結び付き、更に一段高となったりする。言葉の通り、"もう"は"まだ"なのである。
保合相場に慣れて大勢を見誤るな
保合が続くとどうしても相場に対する注意力が散漫になってしまう。しかし、『大保合は大相場』という言葉もあり、いつ動きをはらんでいくか、保合期には研究して待つ姿勢が大切だ。
保合の時、慰みに商いを仕掛けまじき事
保合が続くと、小幅往来を取ろうとしたり、あるいは引かれても大した事はないだろうと手慰みに商いしたりするが、いざ相場が動き出した時に手仕舞いも出来ずに引かれていってしまう。
保合い放れにつけ
保合とは相場がほとんど動かない状態だが、これが上下に動き始めることを『保合い放れ』という。突然動き出すことは、その背後に何らかの材料があるとみてよい。
戻り待ちに戻りなし
戻りを待って売ろうとしても、相場はなかなか戻らないもので、戻りが出ても少し戻ってからとなるので、結局、戻りがないことと同じ事になってしまう。
物の景気ということは我が智力強ければ必ず見ゆる所なり
宮本武蔵の五輪の書の中の言葉。物の気配ということは、自分自身が研究して努力していけば判るものだ。つまり、相場も研究を重ねれば判ってくるものである。
文殊でも備えのたたぬ商いは高下の変が出れば破るる
知恵、知識の神である文殊菩薩でも備えのたたぬ商い、つまり準備のない相場を仕掛ければ、その相場は破れてしまうものである。相場を仕掛けるには準備が必要だとする格言。

投資相場格言 ―や行―

安くとも高値覚えで買い建てるな、時の事情を深く考え
上昇に転じた後や下落に転じた後に保合ったりすると、もう底だろう買い場だろうなどと考えてしまうものだ。しかし、それは高値覚えの感覚が残っているから出るものであり、その時点での状況をしっかり把握して対処したい。
休むもまた相場
いつも相場のチャンスが続いてあるものではない。チャンス以外は休むべき。危険性が高い時は休む方が相場の道にかなう。そして、休んで相場の動向などを分析、研究するのも相場のうちである。
安物買いの銭失い
安場、割安な商品を買ったつもりでも結局は採算割れもあるし、コスト割れ相場もある。安ければ買えるというものでは決してないのだ
山高ければ谷深し
ケイ線の形が示すように、急角度で上昇した相場は、下げるのもまた急角度になる。大きな上げの後は大きな下げがくるということ。
幽霊と相場はさびしい方に出る
三猿金銭録に『万人があきれ果てる値が出ればそれが高下の界なりけり』とある。幽霊が寂しいところに出るように、人気の逆に相場は出る、人気が集まった方ほど相場は出ないということを的確に言い表した言葉。近藤紡の名言。
用意周到は安全の父
『備えあれば憂いなし』で、用意周到に準備万端整えて相場に望むのが安全のもと。そして、相場での備えはまず資金。相場を仕掛ける時には資金にゆとりを持つべきだ。アメリカ・ウォール街の格言。
良き投機は即ち良き投資なり
投資は安全なもの、投機は危険なものとの認識もあるが、投資もリスクはあるし、投機もヘッジの場合は安全なこともある。投機は危険だとして退く人は投機の真の意味を理解していないといえる。

投資相場格言 ―ら行―

利食い急ぐな、損急げ
上げ相場の場合には、一時的に下がっても儲けが多少減るぐらいなので、慌てて利食いする必要はない。一方、投げるチャンスを失うと損はかさむばかりなので、急いで損切りすべきだ。
利食い極楽、損地獄は背中合わせ
利食った時、損をした時、どちらも仕掛ける時に売買の注文を逆に出していれば結果は逆となる。わずかなところで明暗が分かれるものだという格言。
利食い腰は強く、引かれ腰は弱く
少し儲かってもすぐには売らず充分に利が乗ってから売るべきで、逆に損をしたら損が大きくならないうちに早めに処分すべきだ。
利食い千人力
相場の儲けは現実に手にとってみなければ判らない。計算上利益が出ても、相場が逆に動いて儲けが飛んで損になることがある。利があるうちに利食いするに越したことはない。
利食いに迷わば半分仕舞え
利食いしようかどうか迷うならば、いっそのこと半分利食っておけば、万一、一段高や一段安があった場合も後悔しなくて済む。迷いが長引けば大きく判断を誤るもので、利食いの意思を尊重して、一区切りつける必要がある。
利食い八分
"腹八分"同様、相場でもあまり値上がりを追及せずに、適度なところで利食いをするのが大切だ。また、そうする心のゆとりを持つことが、意地商いにならない方法にもなる。
理屈上手の商い下手
どんなに通る理屈も相場でいつも通用するわけではない。コンピューターがあらゆるデータを分析して売買の信号を出したからといって、必ずしも当たるとは限らないものだ。
理屈に負けて相場に勝て
相場は時に理論通りにいかないものだ。だから、自分の理論と全く異なった手でも、相場に当たればそれはそれでよいのだ。
利乗せは最後にやられる
資金に余裕があるからといって下値で買い増して、更に利益を膨らまそうと狙えば、えてして裏目に出るものだ。深追いは禁物、欲張るなという戒めの格言。
流言飛語が相場の本性
相場においては流言飛語が飛び交うものである。しかし、耳をすませば何らかの正しい回答が得られるもので、流言飛語に惑わされることなく真実を探し出すべきだという格言。
漁師は潮を見る
漁師が魚を釣る時に気象や潮の流れを読むように、相場の流れを読んで波に乗り仕掛けることが大切だ。潮時を間違えると損をするという格言。
両建ては損から外せ
両建玉は損の方から切るべきで、利のある方を利食って、損しつつある建玉を温存するのは失敗のもとであるとの教え。
類寄りて集まる意見は時遅し、その裏道を深く考え
強気が増えてその声が市場において強まってくるようであれば相場はその逆に動いていくものである。少ない方の意見につけと教えている。
連日の続く相場に逆らうな。ついて行くのが儲かるの道
大勢に逆らうことは相場では禁物である。連日、上げ続けあるいは下げ続けている相場には素直について行くのが良い。
六十日でひと思案
相場というものは特別な材料、状況の変化がない限り、大体60日くらいでひと相場となる。最小単位2ヵ月目で始めて考えるべしとの教え。
論を立て、相場の逆を張る人は論に勝っても相場には負ける
理論でもって相場が高い、安いと論じて仕掛けても、相場では儲からないことは多々ある。

投資相場格言 ―わ行―

割高に売りなし、割安に買いなし
相場が実力以上に値上がりしているのに売り物がなく、その逆に値下がりしているのに買い物がない状況で、ただ割高、割安だからといって仕掛けると思わぬ損失を蒙ることがある。よく吟味してから行動したい。
若い相場は目をつむって買え
よく底打ちして上昇に転じた相場は、日柄が浅いだけに弱材料が出て多少下押したりすることがあるものの、上昇相場はしばらく続く可能性の方が高い。ここは若さに期待して買いで対処すべきという格言。
我れ事において後悔せず
ひとたび真剣勝負に臨んだならば、例えそれが結果的に失敗に終わったとしても、自分で決めたことなのだから決して後悔しないことだ。宮本武蔵の残した言葉で、相場にも通じる格言。

CONTACT

サービス・入会に関するお問合せ

フリーダイヤル0120-51-8888
WEBお問合せフォーム